ケニアマサイマラ国立公園の情報をまとめています。
ケニアマサイマラ国立公園/Maasai Mara観光情報
マサイマラ国立保護区について
マサイマラ国立保護区はケニアの南西部にあります。ちなみに写真はマサイマラ国立保護区ではありません。

ケニア南部からタンザニア北部にかけて住んでいる「マサイ」族と、ケニアとタンザニアの国境に流れる「マラ」川の名前を重ね合わせ、この名前が付けられました。

マサイマラ国立保護区は目を見張るほど自然豊かな地域で、数多くの野生動物と出会える場所として知られています。

特に、川を渡る200万頭のヌーの群れは圧巻です。その他にも、バッファロー・カバ・チーター・ライオン・ゾウ・キリン・ダチョウといったサバンナの動物が生息しています。

マサイマラ国立保護区はタンザニアとの国境沿いに位置しており、タンザニア共和国のセレンゲティ国立公園と野生動物を共用しています。明確にラインが引かれているわけではないので、動物たちは気ままに両方の国を行き来しているわけです。

マサイマラ国立保護区は総面積が1,800平方キロメートル以上にもなる広大な区域です。国立公園とよく間違われますが、正しいのは国立保護区です。国立公園は国が管理していて、国立保護区は地方自治体が管理していることが特徴です。

マサイマラ国立保護区で会うことのできる野生動物は、季節や時間によっても異なります。たとえば、カバは夜行性なので日中には滅多に会えません。また、ヌーの川渡りは季節が決まっていますので、移動時期に合わせないと見逃してしまいます。お目当ての野生動物がいる場合は、サファリ・カーの運転手にあらかじめ頼んでおきましょう。

メニュー一覧
マサイマラ国立保護区の特徴 マサイマラ国立保護区へのアクセス ケニア基本情報 マサイマラ国立保護区の動画

トップページに戻る

Copyright(C) ケニアマサイマラ国立公園の情報All rights reserved
内容、画像などの無断転載、コピーは禁止です。宜しくお願い致します